弊社「Mixed(ミックスド) Reality(リアリティ)を活用した調剤薬局支援システム」が平成29年度神奈川県さがみロボット特区ロボット実証実験支援事業に採択されました。

弊社「Mixed(ミックスド) Reality(リアリティ)を活用した調剤薬局支援システム」が平成29年度神奈川県さがみロボット特区ロボット実証実験支援事業に採択されました。

ご報告


現在多くの調剤薬局ではPC及びスマートフォン等による調剤すべき薬が調剤されたかを処方箋と付け合わせるシステムが使われています。より、早く、正確に薬を薬品棚から取りそろえるために最新の技術であるMixed Realityを行動支援をすることで、付き合わせエラーを従来より多く減らすシステムを開発しました。薬剤師の業務負荷の低減、提供ミスの防止をシステムの実用性を検証する実証実験を神奈川県さがみロボット特区実証実験支援事業に採択され、今秋 神奈川県藤沢市にて実証実験を行います。